腹式呼吸で腹筋を鍛える

便秘の原因のひとつに「腹筋の衰え」があります。腹筋は内臓を支えたり、腸のぜん動運動をサポートするなどの役割があります。腹筋が衰えると、内臓を支える力が弱くなり腸が圧迫されて便の通りが悪くなります。加えてぜん動運動も弱くなりますので、二重に便秘の原因になってしまうのです。

腹筋を鍛えるというと、しんどいトレーニングを想像してしまいますが、腹式呼吸によって腹筋を鍛えることもできるのです。呼吸法を工夫するくらいなら、日常生活の中でいつでも簡単にできますし、体力的にもほとんど負担になりませんよね。

腹式呼吸本は「鼻から空気を吸いこんでお腹をふくらませ、口から息を吐いてお腹をへこませる」のが基本です。鼻と口の使い分けと、呼吸とお腹のふくらみを連動させて、横隔膜を動かすのがポイントです。おへその下あたりにある「丹田(たんでん)」と呼ばれるツボを意識して呼吸してみてください。

息を吐く時には体の中の空気を空っぽにするつもりで苦しくなるくらいまで吐き出し、吸い込むときはその反動を利用してしっかりと空気を吸い込んでください。ゆっくりと大きく呼吸してください。腹式呼吸の基本動作に慣れたら、空気を吸い込んだ時と吐き出した時に数秒間ずつ呼吸を止めてみてください。そうすることで、腹式呼吸の効果をより高めることができます。

腹式呼吸は、腹筋だけでなく背筋も鍛えることができます。筋力以外にも、自律神経を整える、冷え性の改善、ダイエット、リラックスなどの効果もありますので、便秘解消だけでなく、ストレスやイライラの解消、健康維持など、様々な症状に役に立ちます。

腹式呼吸は誰でも簡単にできる便秘解消法ですので、ぜひ日常生活の中に取り入れてみてください。あがり症の人にもおすすめです。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

タグクラウド
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。