あなたのビフィズス菌は死んでいる?

ビフィズス菌は善玉菌の代表格でもあり、ほとんどの人が知っている、もしくは聞いたことがあるでしょう。

ビフィズス菌はヨーグルトやヤクルトなどの乳酸菌飲料に多く含まれており、それらは便秘解消法のひとつとして人気があります。ところが、ヨーグルトやヤクルトを取り入れて「さあビフィズス菌がたっぷり体内に入ったから大丈夫」というのは間違いなのです。

実は、最近の研究では「口から入ったビフィズス菌のほとんどが、腸に入る前に胃で死んでしまう」ことが分かっているのです。もちろんゼロになるわけではありませんので多少の効果はあるのですが、コマーシャルや広告のイメージほどの効果は無いということです。

では、どうすればビフィズス菌を増やすことができるのか。

それには、2通りの方法があります。

まず一つは、ビフィズス菌をカプセル化したサプリメントを服用すること。CMや広告などで「生きたまま腸に届く」というフレーズを聞いたことがあると思います。ビフィズス菌をカプセルの中に入れることにより、胃で滅菌されずに腸に届くようになるのです。
(森下仁丹のビフィーナSなど)

もう一つは、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を摂取することで腸内のビフィズス菌を増やす方法です。オリゴ糖は玉ねぎ、にんにく、ねぎ、バナナ、ごぼう、枝豆などに多く含まれています。朝バナナは特におすすめです(→朝バナナは便秘にもイイ!

また、オリゴ糖を甘味料にしたものもあります。オリゴ糖は熱に強い性質を持っていますので、甘味が必要な料理にオリゴ糖調味料を使うのもおすすめですよ。

サプリメントで生きたままのビフィズス菌を取り入れるか、腸内のビフィズス菌を増やすためにオリゴ糖を取り入れる。これらの方法で腸内のビフィズス菌を増やすことができます。(サプリメントの中には、2つの機能がセットになったものもあります。)

ビフィズス菌の性質を理解した上で、うまく体内に取り入れるよう工夫してみてください。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

タグクラウド
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。