上手な水分補給を

便秘の原因にも様々なものがありますが、ひとつには水分不足があります。いい状態の便は水分を80%程度含んでいますが、摂取する水分が少ないと便から水分が吸収されてしまい、硬い便になってしまいます。また、水分には、便の硬さをコントロールするだけでなく腸のぜん動運動を刺激する役割もあります。さらに食物繊維は水分が十分にあることでその機能を発揮しますので、水分不足は二重三重に便秘の原因になるのです。

では、いったいどれくらいの水分を補給すればいいのでしょうか。

成人の場合、1日に必要とされる水分量は「体重1kgあたり0.5リットル」になります。体重40kgの人は1日に2リットル、50kgの人は1日に2.5リットル必要になります。気をつけたいのは、一気飲みをしないこと。一気に大量の水を飲んだとしても、ほとんどは汗や尿として排出されてしまい、必要量を補給できないのです。ひと口ずつ時間を空けて体に染み込ませるように飲むのがポイントです。特に朝のコップ一杯の水は、便秘解消にはとても有効ですのでおすすめです。(参照:朝コップ1杯の水を飲む

女性の場合は、トイレを我慢するために水分を控える傾向にありますが、それが便秘の原因となります。女性に便秘の人が多いのは、こういう理由もあるのです。

水選びも大切なポイントです。水なんてどれも一緒だからなんて言わず、ミネラルの多い硬水を選ぶようにしてください。(→人気の硬水はこちら)ミネラルを多く含んだ水は、腸を刺激して便秘解消を促してくれます。

ペットボトルや水筒などでいつも水を持ち歩き、仕事などで忙しい時にも手軽に水分補給ができるようにしておくと、水分不足を防ぐことができます。しっかり水分を補給して、便秘解消を目指してください。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

タグクラウド
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。