便秘と痔

便秘と痔の両方に悩まされている人も少なくないでしょう。何を隠そう私も痔なんです。ですので、便秘で便が固くなるのがとてもつらいことだというのは、良く分かります。

便秘と痔は密接な関係にあります。まず便秘が痔の原因になること。便秘で便が固くなると、無理に出そうとして肛門を傷つけたり、裂けたり、出血するなど、負担をかけることになります。そして、痛みをいやがって排便を我慢し、さらに便が固くなって肛門を傷つける悪循環に陥ります。これが痔の原因になるのです。

女性の場合は、特に便秘になりやすい人が多く、加えて貧血や妊娠、出産などで血液循環が悪くなって、Wパンチで痔をの原因になることがありますので要注意です。

痔の痛みがひどくなった場合は、早めに塗り薬や座薬などで痛みを抑えてください。痔の痛みで便を我慢するとかえってひどくなってしまいます。できれば、早めに医師に相談してください。肛門を人に見せるのは恥ずかしさから抵抗があると思いますが、専門医にかかることで最適な治療を施してもらえます。

痔の痛みから便を我慢していると、体がそれに反応して「便をなるべく出してはいけない」という癖がついてしまいます。これでは、いつまでたっても便秘と痔が解消できません。早めの対処が大切です。

また、血便が出た場合、痔だけでなく大腸がんなどの腸の病気の可能性もあります。新鮮な血がまざっているようなら痔の可能性が高いですが、黒っぽい血が混ざっている場合は早急に診断を受けてください。

痔を患っている方は、根本的に便秘が解消できるようにする必要があります。普段の食事や生活のリズムを改善し、適度な運動を取り入れてて、腸を健康な状態に保つことができるよう心がけてください。

便秘と痔の両方を患っていると、悪循環の元になりますから気を付けてくださいね。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:プロバイオティクス
次の記事:便秘と漢方
タグクラウド
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。