女性は便秘になりやすい?

便秘を気にする女性が多いのはなぜでしょうか。便秘薬のCMなども、必ずと言っていいほど女性が出演していますよね。実は、女性は男性よりも便秘になりやすいのです。これには女性特有の体の構造が深くかかわっています。

ひとつは黄体ホルモンの影響があります。、黄体ホルモン(プロジェステロン)は、卵巣で作られる女性ホルモンのひとつで、妊娠を手助けする(受精しやすい環境にする)ホルモンです。そのため、生理が始まると黄体ホルモンが盛んに分泌されるるのです。黄体ホルモンには「体に水分を保持する」働きがあるため、水分の少ない便になり(便が固くなる)、便秘になりやすい状態になります。黄体ホルモンは食欲の増進も促しますので、便が出にくい上に、さらに食べる量が増えるという状態になります。

妊婦が便秘になりやすいのは、妊娠することで黄体ホルモンの分泌量が増えることと、赤ちゃんができることで腸が圧迫されてしまうからです。出産後は腹筋が緩むため、便秘になりやすくなります。

体の構造的には、赤ちゃんを宿すために骨盤が開き気味になっており、内臓が下がりやすい状態、つまり腸が圧迫されやすい構造になっていることも理由のひとつです。内臓を支えるのは腹筋ですが、女性は男性に比べて腹筋が少なく、内臓を支える力が弱いことも重なって、便秘になりやすいのです。

体の構造とは関係ありませんが、痩せたいという気持ちが強いあまり、過度な食事制限をしがちなのも便秘になりやすい原因です。過度な食事制限は、太りやすい体質になるだけでなく、排便のリズムを崩して便秘になりやすい体になりますので気を付けてください。

また、女性はトイレを恥ずかしがる傾向にあるため、せっかく便意があっても我慢してしまう人も多いでしょう。便意の我慢も便秘を招きます。恥ずかしがらずに、便意をもよおしたらなるべくトイレに行ってすっきりさせてください。便意を感じたら排便してもいいよと、体に教えてあげることが大切です。

女性は便秘になりやすい条件が揃っていますので、食事や生活のリズムをきちんと守って、排便がスムーズになるよう心がけてください。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

タグクラウド
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。