大腸とS状結腸のマッサージ

便秘を解消するには、腸のぜん動運動を活発にしてやることが欠かせません。腸のぜん動運動を刺激する食べ物を食べたり、腹筋をつけてぜん動運動を促すなどの方法がありますが、即効性のある方法としてマッサージも便秘解消には有効です。便秘解消法は、食事改善や筋力強化など体内から治すのが基本ですが、便秘の苦痛から早く逃れたい場合はマッサージの方が腸の動きを直接刺激しますので即効性があります。便秘に悩まされている人は、トイレに入る前にマッサージをすると排便しやすくなるでしょう。

便秘のマッサージで一番良く知られているのが「のの字マッサージ」です。おへそを中心に、のの字を描くように手で押さえながらマッサージしてやる方法です。おへその下あたりからスタートして、右下腹部→おへその右側→おへその上→おへその左側→左下腹部→おへその下と順番に押さえながら動かして行きます。これは大腸の動く方向に合わせるためで、逆方向に動かすと効果がありません。歯磨き粉を押し出すようなイメージでやってみてください。10回程のの字を描くのが基本ですが、排便の調子を見ながら調整してください。

便秘に有効なマッサージには「S状結腸マッサージ」もあります。S状結腸は硬くなった便が滞りやすいところですので、ここを刺激してやることで便意を促すことができます。体の外から見たS状結腸は、左下腹部の腰骨の内側付近にあります。便秘の時には、このあたりが張っていたり硬くなっていたりします。S状結腸マッサージものの字マッサージと同じく、便を絞り出すように動かしてやります。おへその左下から足の付け根に向かって押さえながら移動して、S状結腸を刺激してやるのです。S状結腸マッサージは就寝前に継続的に行うのがお勧めです。

マッサージの前にはお腹を温めてあげるとより効果的です。便秘を早く解消したいときには、体内からの便秘解消法と、体外からのマッサージ、両方を試してみてください。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:腹筋をきたえる
次の記事:ストレスと便秘
タグクラウド
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。