酸っぱいのは便秘にいい

レモンやお酢、梅干しなど、酸味が強いものを食べると、頬のあたりがきゅーっと刺激されて、唾が出てきます。想像するだけでも唾がでますよね。酸っぱいものを食べると胃が刺激されて胃液の分泌量が増加するのですが、その現象を体が記憶しているため、酸っぱいものを食べたり想像したりすると唾が出たり頬がきゅーっとなったりするのです。胃液が増加するということは、消化を促してくれますので、お通じにはとてもいいのです。

梅干しにに含まれるクエン酸は、胃を刺激するだけでなく、腸にも作用します。腸のぜん動運動が活発になり、便秘解消へと導いてくれるのです。そして、善玉菌であるビフィズス菌を増やしてくれる効果もありますので、お腹の調子を保つにはとてもいい食べ物と言えます。ただ、梅干しには塩分がありますので、取りすぎには注意してください。また、胃や腸を刺激するということは、それなりに負担がかかるということです。特に空腹時に食べると、消化器官の不調を招くことがありますので、注意してください。梅干しは、食事と一緒に適量を食べるのが大切です。お腹に負担をかけたくないときには、おかゆと梅干しの組わせが最高です。

酸っぱいものとしては、お酢もお勧めです。お酢には便秘解消だけでなく、体調を整えてくれる効果があります。最近では煮物などの料理に隠し味としてお酢をかける調理法もありますので、普段の食事にうまく取り入れることができますね。わかめを使ったお酢の和えものは、わかめの食物繊維との相乗効果が期待できます。お酢は、キュウリやタコなど、いろいろな食材と合いますので、便秘解消メニューの幅が広がります。

便秘解消の秘訣は、毎日の食事が重要ですので、酸味のあるレシピをうまく取り入れていきたいですね。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

タグクラウド
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。