オリゴ糖でビフィズス菌を増やそう

便秘解消のために、ヨーグルトを食べる習慣のある人も大勢いらっしゃるでしょう。ヨーグルトに含まれるビフィズス菌はお腹の善玉菌ですので、取り入れるのはとてもいいことです。しかし、ビフィズス菌をはじめとする乳酸菌は、とても寿命が短いので毎日摂取することをお勧めします。

ヨーグルトを食べるのは、体の外からビフィズス菌を補給してやる方法ですが、それ以外にもビフィズス菌を増やす方法があるのです。それは、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を取り入れるということです。オリゴ糖を取り入れれば、元々体の中にいるビフィズス菌が増え続けますので、体外から取り入れなくとも体内で自然と増殖してくれるというわけです。

オリゴ糖は、糖ですから人工甘味料としてお菓子に添加されているものを想像するかもしれませんが、実は自然の食材の中にもオリゴ糖は含まれているのです。ネギや納豆、アスパラガス、大豆、タマネギ、ゴボウ、バナナなどにオリゴ糖が含まれています。これらの食材を使った料理を食べると、自然とオリゴ糖が取り入れられることになります。

ビフィズス菌は、体外からの摂取と、体内で増やすこと、両方を組み合わせることで、効率よく増やすことができます。例えば、バナナヨーグルトやアロエヨーグルトなどは、おいしく食べることもできて、ビフィズス菌も増えるという最高の組み合わせですね。朝食にもデザートにもOKです。

体質によっては、オリゴ糖を食べ過ぎると下痢気味になる場合もありますので、少しずつ量を増やしてみてください。

甘いものやおやつが大好きという方には、ポップコーンや甘栗、寒天みつ豆などがおすすめ。オリゴ糖と食物繊維が含まれており、便秘解消に一役かってくれることでしょう。一緒に食物繊維がたっぷり含まれたココアを飲むのもいいですよ。ただし、砂糖を入れすぎないように注意してください。

ちょっとした食生活を見直すことでも、十分便秘解消法になりますので、積極的に取り入れてみてください。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

タグクラウド
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。