タバコは便秘に効く?

最近、禁煙場所が増えているので、とても肩身の狭い思いをしている喫煙者もたくさんいらっしゃるでしょう。中にはどうにかして吸う理由を作るため「タバコは便通が良くなるから体にいい」と言い訳をする人もいるようです。タバコは便秘に効くのでしょうか。

確かに、トイレでタバコを吸う人は結構いますよね。公衆トイレには吸いがらが落ちていることもありますし、トイレがタバコの煙で充満していることもあります。タバコの煙で便の臭いをごまかすという理由もあるようです。

実は、タバコを吸うことで便通が良くなるというのは、あながち嘘とは言えないのです。テレビなどでタバコを吸った瞬間に、胃や腸などの内臓がきゅ〜っとよじれているのを見たことはありませんか?喫煙の刺激によって腸の動きが活発になり、便が柔らかくなるのです。その結果便通が良くなることがあるのです。

しかし、腸の動きが活発になるといっても、それは喫煙に対する拒否反応ですので、便通が良くなるからと言ってタバコを吸うのは体に良くありません。

アルコールは飲み方次第で百薬の長となりますが、喫煙は体にいいことは一つもありません。ですので、便秘にいいからと言って、吸っていいい理由にはならないのです。

タバコは百害あって一利なし。便秘解消法として取り入れるべきものではありませんし、がんや心臓病などの原因になるだけですから、できるだけ吸わないのが一番です。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

タグクラウド
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。