お酒と便秘の関係

お酒を飲むと便通が良くなる、もしくは下痢をするという経験がありませんか?特にビールを飲むと、その症状が出やすいようです。ほどよい量のアルコールは、便通を良くしてくれますので、便秘解消の一役を担ってくれると言えます。

では、なぜお酒を飲むと便秘解消になるのでしょうか。

アルコールには腸を刺激する作用があり、腸の中の便の水分が体に吸収される前に排出されてしまうのです。便にたっぷり水分を含んだまま排出しようとしますので、便が柔らかくお通じが良くなるのです。アルコールが便を軟らかくするのではなく、いわば体の機能がやや麻痺しているためお通じが良くなるという副作用的な症状です。

ですので、お酒で便秘解消をするというのは、一時的にはいいかもしれませんが、やりすぎるのはよくありません。お酒は適量に飲んでこそ「百薬の長」ですので、飲みすぎには気を付けてください。

炭酸も胃や腸を刺激するので、ビールや酎ハイなど炭酸入りのアルコール飲料はより便秘解消に適しています。

便秘がちな人がお酒を飲むときに気をつけたいのが、つまみやあての食材です。特にビールを飲むときには脂っこいものや肉を食べたくなるものですが、それらは便秘の原因にもなりますので、できるだけ控えてください。枝豆や豆腐、海藻の酢の物、野菜たっぷりのサラダなどを食べると便秘解消につながります。

お酒が便秘に効くからといって、遅くまで飲んだりすると逆効果ですから、食事の時間をずらさないよう適度に飲んでくださいね。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:腸内洗浄
次の記事:タバコは便秘に効く?
タグクラウド
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。