腸内洗浄


本当に便秘がひどくてどうしようもないときには腸内洗浄という解決法があります。腸内洗浄はその名の通り、腸の中を洗ってしまおうというものです。

一口に腸内洗浄と言っても様々なやり方があるのですが、通常はお湯や専用の洗浄液をお尻の穴から腸に入れ、便を軟らかくして腸の動きを活発にして排出させる方法です。とりあえず便を出したいというときには浣腸もありますが、徹底的に出したい(デトックス)場合はやはり腸内洗浄の方が効果があります。

腸内洗浄は、クリニックなどで指導を受けながらすることもできますし、市販の腸内洗浄キットを使用することで自宅で行うこともできます。クリニックなどの場合は、費用がかさみますので気軽にというわけにはいかないでしょうから、市販の洗浄キットを利用する方がいいでしょう。ただし、薬局の担当者によく相談して、ご自身の症状で使用に問題がないかどうかよく確認してみてください。

市販の腸内洗浄キットの中には、コーヒーで洗浄するという変わり種もあります。

自宅でやる場合の注意点ですが、液体を注入した後はできるだけ排便を我慢する方が効果があります。通常の排便の後にスタートした方が我慢しやすいでしょう。排便前に始めてしまうと、すぐに便意が我慢しきれない状態になってしまい、効果的な腸内洗浄ができなくなってしまいます。また、初めて腸内洗浄をする場合は、トイレのすぐ前で行うと、間に合わないなどの失敗の心配がありません。

さて、名前からしてすっきりしそうな腸内洗浄ですが、メリットだけでなくデメリットもあります。それは直腸性便秘になる可能性があるということです。直腸性便秘は、便が肛門付近まで来ているものの、便意を感じることができず、肛門筋が開かない状態のことです。浣腸や腸内洗浄などで無理やり便を出すことを続けると、体の機能が麻痺して直腸性便秘になるリスクがあります。

腸内洗浄や浣腸は本当に困った時の手段として考え、根本的な便秘解消は、食生活や運動などで解決するようにしてください。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

タグクラウド
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。