オリジナル野菜ジュース

便秘解消法のひとつに、オリジナルの野菜ジュースを飲む方法があります。市販の野菜ジュースもたくさんあるのですが、自分の体に合ったもの、自分の口に合うものという面では、やはりオリジナルの野菜ジュースに勝るものはないでしょう。

市販の野菜ジュースでも栄養は取れますが、製造過程でかなり栄養分が失われているのも事実です。「1日分の栄養をコップ一杯で」とうたっている野菜ジュースが、実は1日分の栄養が取れないことが判明したのは記憶に新しいところです。(飲まないよりはいいですけど)

さて、生の野菜をミキサーにかければ簡単に野菜ジュースができるのですが、そのまま飲むのはやはり味に抵抗があるでしょう。青汁を「まずーい」と言いながら飲んでいたのはもう昔の話。最近では青汁ですら臭いの無いものが販売されているのです。

家庭で作る野菜ジュースの臭みを消すには、リンゴを入れてやるといいのです。リンゴをベースに野菜ジュースを作ると、リンゴの甘みと香りが、野菜の臭いを弱めてくれて飲みやすくなります。また、便秘に良いヨーグルトを混ぜることで、さらに便秘解消に適した野菜ジュースにすることもできます。

果物をメインにしてビタミンCを取りたい場合は、ニンジン・きゅうり・カボチャなどのビタミンC分解酵素を含む野菜は避けてください。ミキサーで荒く粉砕することで、噛むようにして飲むと便秘解消にはいいですよ。

野菜ジュースのレシピは、「りんご+キャベツ+アロエ+パイナップル」「茹で枝豆+バナナ+牛乳」などありますが、いろいろ試して自分の好きな味を見つけるのも楽しいですよ。

朝起きたらまずは野菜ジュースというのを習慣にすれば、便秘が解消に一役買ってくれることでしょう。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

タグクラウド
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。